動画を作ってみた

シェアする

知人が会社の忘年会に向けてフリップ芸のネタを考えたので、それを元に動画編集の練習の為に動画を作ってみました。

スポンサーリンク
サイドバー 広告336×280

絵を描こう

先ずは動画の元となる絵を描きます。ちなみに絵心はありません。数年前になぜか急に絵を描きたいと思い、タブレットPCを購入してチャレンジした事がありますが、なかなか上手く描けず断念した事があります。

スマホアプリをダウンロード

現在タブレットPCなど持っていないので、スマホで描くことにしました。使ったアプリはこれ
アイビスペイントX

同様のアプリをいくつか比較検討したが、これが一番使いやすかった(^o^)
使い方はアプリ内に説明項目があるので、初めての方でも分かりやすいと思います。

描く時に使用するペンはこれを使いました

初めは充電式のスタイラスペンを購入しようと思ったのですが、継続して絵を描くか分からないので安い物にしました。

当初購入しようと思ったのはこれ

必要な絵を描く

絵を描く準備が出来ましたので、いよいよセリフ(台本)に合わせた絵を描いていきます。登場人物や背景などいろいろ絵が必要ですが、初めてなので大体こんなもんかな?という感じで描いています。

基本背景

基本背景

エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘア

アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘア

公園

公園

アジアン隅田

アジアン隅田

ホンコン

ホンコン

ヒソヒソ話

ヒソヒソ話

液晶テレビ

液晶テレビ

完成した絵をPCに保存します。

 音声を作ろう

次に音声合成ソフトでセリフを音声にします。ここからはPCでの作業になります。

音声合成ソフトをダウンロード

無料の音声合成ソフトはいくつかありますが、一番使いやすかったSoftTalkというソフトを選びました。

ダウンロードはこちらから
SofTalk – トップページ

音声を作る

セリフを音声にしていきます。その際、言葉の間隔などに注意して出来るだけ違和感が無いようにしましょう。

使い方はこちらのサイトが分かりやすいと思います。

k本的に無料ソフト・フリーソフト

動画作成

いよいよ出来上がった絵と音声を使い、動画にしていきます。作業は動画編集ソフトを使用して行います。

動画編集ソフトをダウンロード

これも無料のソフトを使用しました。ネットに情報が多く、高機能なAviUtlというソフトです。高機能なだけに、性能をフルに使いこなすには相当時間を要すると思います。私も少しでも上達出来るよう頑張ります。

ダウンロードはこちらからどうぞ

AviUtlのお部屋

使い方はこちらのサイトが分かりやすいと思います。導入方法から使い方、プラグインの説明まで細かく解説されています。

AviUtlの易しい使い方

動画編集をする

スマホアプリで描いた絵とPCの音声合成ソフトで作った音声を、動画編集ソフトを用いて一つの動画にします。使い方は上記のサイトを参照して下さい。

先ずはAviUtlを立上げ、PCに取り込んだ絵をドラッグアンドドロップでLayer1に入れます。Layer2のところで右クリックし、メディアオブジェクトの追加でテキストを選択します。新たに立ち上がった入力画面にてテキストを入力します。

テキスト入力

テキスト入力

次にLayer3で右クリックし、先程と同じ様にメディアオブジェクトの追加から音声ファイルを選択し、入力画面で参照ファイルから使用する音声を選択し取り込んで下さい。

絵とテキストの長さは、音声に合わせて調整して下さい。この作業の繰り返しです。

完成

悪戦苦闘しながらもなんとか完成しました。完成度は20点、満足度は70点くらいです。苦手な絵を描く、初めての音声合成、不慣れなAviUtlなど私にはハードルが高かったです。なによりもセンスが大事だと痛感しました。完成度は別にして、悪戦苦闘しながらも作る作業は楽しかったですし、完成したものを見た時は嬉しかったので、今後も動画作りに挑戦しようと思います。

スポンサーリンク
サイドバー 広告336×280