チニング・シーバスゲーム②

シェアする

今回は釣行編です。今年1月から知人に誘われ始めました。当初はチニングのみで、途中からシーバスゲームもやる様になりました。準備編はこちら

スポンサーリンク
サイドバー 広告336×280

チニングスタート

初めて行ったポイントは堺市の南側の浜寺運河です。ここは、知人が昨年末に始めてチニングで釣った場所ということで連れて行ってくれました。私が初めてのポイントと言う事で、現地確認の為に今回は夕方のまだ明るいうちに現地到着しました。

夜中0時頃まで頑張りましたが、二人ともボウズでした(>_<)。使用タックルはバス用で、ワームもバス用のストレートワームで、チヌには少しサイズが大きかったかもしれません。これを機にチヌ用のワームを買うことにしました。

祝!初チヌゲット!

チヌ用のワームも買い、初釣行から週1~2のペースで浜寺運河に通いました。その間にラインをナイロンからPEラインに変え、直リグのオモリやフックを買い揃え、釣る準備は万全です。しかし、寒さで魚の活性が低いのか潮目が悪いのか、まったく釣れません(>_<)。

浜寺運河に通って約1ヶ月後の2月半ば、やっと釣れました。初チヌゲット!です。

この時は一人での釣行でしたが、一人で嬉しくて大騒ぎしていました。ちなみに、シーズンオフなのかこの1ヶ月間、知人以外に今まで誰にも釣り場で会っていません。

釣った仕掛けは、直リグです。

ポイント探しスタート

浜寺運河でチニングを始めましたが、私は大阪東部に住んでいますので、正直通うには少し遠いです。そこで新しいポイントを探そうという事になりました。

ネットで調べると、チニングでは淀川や南港が有名みたいです。知人と相談したところ、淀川でやったことがあるが根がかりが酷くて釣りにならないという話でした。ということで、南港を中心に開拓して行くことになりました。

南港大橋

ネットでも釣れるポイントとして有名で、足場もよく、釣りやすそうですがロケーションがあまり好きではありませんでした。私も知人もどちらかと言えば、周囲に少しでも自然(緑)があるロケーションが好きです。水も汚く、あまり釣りをする気分にはなりませんでした。それでもチニングはランガンするので、南港に行った際は一応様子を見には行きました。

かもめ大橋

ここも有名ポイントです。南港大橋と同様、あまり私たちの好きなロケーションではありません。

貯木場近く

ここはグーグルマップで探して、良さそうだったので行ってみました。後でネットで調べると、そこそこ有名ポイントでした。みんな考える事は一緒で、誰も入ってない新しいポイントを探し回るんだなと思いました。

このポイントの特徴は、防波堤までの途中に立木があったり、防波堤の先端に常夜灯があったりとロケーション的には好きなポイントです。ここを中心に少しの間南港に通うことにしました。

しかし、南港エリアでの釣果はボラだけでした。ボラはミノーには食いつかないと思っていましたが、ミノーで4匹続けて釣れたのには驚きました。

海釣りを始めたばかりなのでよく知りませんが、浜寺運河も南港も水質が悪いせいなのかどこに行ってもボラが多過ぎます。

南港に飽きたので、また新規開拓です。

舞洲エリア

知人に誘われ、常吉大橋に行きました。足場は悪くないのですが、前に投げるだけで狙うポイントが分からず面白味がない。私はバス釣りをやってるので、ストラクチャーなどを攻めたくなる癖があります。なので何もない所にただルアーを投げるのみだと飽きてきます。

周辺をポイント捜索していると面白そうな所を発見!ここには桟橋があり、そこに常夜灯まであります。ゴロタ石が入っているエリアもあり、ロケーションもバッチリです。何より水質が綺麗なので、ここで釣れた魚なら持って帰って食べる気になります。

この日より、このポイントに通う日々が始まりました。

天保山

ここは知人に誘われ、ゴールデンウイーク前位から通うようになりました。知人と二人で行く場合は天保山、一人で行く場合は舞洲という感じです。個人的には舞洲がロケーション的に一番好きです。釣果は後程。

淀川

ここはチニングでもシーバスポイントとしても有名です。現在はここがメインです。釣果は後程。

祝!初シーバスゲット!

南港に通っている頃、これからはシーバスが釣れる時期になると聞いたので、狙いをシーバスに変えました。舞洲のポイントでは、シーバスメインで時合でチヌに狙いを変えるという釣り方をしました。これに合わせて、ロッドをシマノのブレニアスに替えました。このロッドなら1本でシーバスからチヌ、根魚まで対応出来ます。

何回目かの釣行で小さいながらも初シーバスゲット!しました。

釣り上げた時は小さ過ぎてアジかと思いました。でも、嬉しかったです。知人に「そんな笑顔は初めて見る」と言われてしまいました。

シーバス食べた

舞洲に通い出して2ヶ月程経ちます。その間に40cm前後のシーバスやチヌ、根魚をゲットしました。

舞洲での初根魚

舞洲での初チヌ

以前より、いいサイズが釣れたら持って帰って食べたいと思っていましたが、なかなかいいサイズの魚が釣れません。

ある日いいサイズのシーバスゲット!

初めて、自分で釣った魚を持って帰って食べます。料理の味はさて置き、魚自体は臭みもなく美味しかったです。

バスは基本リリースなので、今まで自分で釣った魚を食べた事がなかったですが、釣る楽しみと食べる楽しみで釣りの楽しさ倍増です。

天保山でタコ⁉

先にも書きましたが、知人との釣行は天保山が多いです。天保山での狙いはチヌです。おまけで根魚。

天保山での初チヌ

天保山での初根魚

7月に行った時、いつもの様にワームでチニングをしているとまさかのタコが釣れました。

まさかのタコ

タコ釣り用のルアーでもなく、エギングのエギでもなく、普通の直リグにワームです。この日、同じ仕掛けで2匹釣れました。直リグでタコが釣れると思ってなかったので、驚きました。ネットを見ると、この時期は南港とかでもタコが釣れているみたいでした。

折角なので、持って帰って食べることにしました。ここの水質も見た目は綺麗です。

ここで釣ったチヌも食べましたが、臭みもなく美味しかったです。

シーバス自己記録

舞洲でいいサイズのシーバスを釣った以降より大きいシーバスが釣りたくなり、淀川へ通う様になりました。淀川は厳しいです。腕が未熟なのもありますが、なかなか釣れません。いつものようにシーバスメインで、時合が悪い時間はチヌ狙いです。

通い出して何度目かにやっとチヌが釣れました。

淀川での初チヌ

それから更に通うこと何度目かに待望のシーバスゲット!しかも自己記録の66cm!これは興奮しました。写真を撮って、魚をリリースした後も足の震えが止まりませんでした。

淀川での初シーバス

この時の仕掛けはダイソーのメタルジグです。夜でしたが、少しでも遠投したくてメタルジグを投げていました。シーバスを釣った直後、同じメタルジグでチヌも釣れました。魚の活性が高かったのだと思います。

今も淀川メインで釣行していますが、淀川で釣った魚は食べる気がしません。たまには、泉南方面とか水が綺麗な所に行って食べる魚を釣ってこようと思います。

最後に、ごみは各自持ち帰りましょう。マナーを守って楽しく釣りをしましょう。

スポンサーリンク
サイドバー 広告336×280