不動産はアマチュア営業マンから購入しない

シェアする

taken

スポンサーリンク
サイドバー 広告336×280

宅地建物取引士とは?

不動産会社は宅地建物取引業法に則り営業を行っています。業法では「事務所には5人に1人の割合で宅地建物取引主任士を置かなければならない」となっています。宅地建物取引士の業務は、重要事項の説明及び説明書への記名押印、契約書への記名押印です。簡単にいうと、宅地建物取引主任士とは宅地建物取引業法や建築基準法、民法等の不動産に関する法律の専門家というところです。

物件の案内は誰がする?

一般的に不動産を購入するには不動産会社の営業マンに物件を案内してもらい、気に入った物件が見つかれば契約するという流れになります。物件の紹介や不動産の専門家としてのアドバイス等、お客様が購入を決断するにあたり営業マンの役割は大変重要です。しかし、営業マンのすべてが宅地建物取引士の有資格者ではありません。業法では有資格者は5人に1人の割合でいいので、逆に言えば5人に4人の割合で資格を持ってない可能性があるということです。

資格がないと何が問題?

宅地建物取引士の業務は契約前の重要事項の説明及び説明書への記名押印、契約書への記名押印を行うことです。それ以外の営業マンとしての業務は資格が有っても無くても変わりません。営業マンとしての能力は資格とは関係なく、資格を持っているが物件その他の知識が乏しい者、資格を持たないが物件や市場動向に詳しい者等様々です。

では何が問題かというと、営業マンとしての能力は別にして考えた場合、法律を知っているのと知らないのでは大きな差があります。法律を知っていれば、法律的見地からアドバイスが出来ます。何よりも宅地建物取引士には罰則規定がありますので、物件説明等に嘘や誤魔化しが無く、不動産のプロしてすべての業務にあたります。資格を持たない者は適当な説明をしたり等売る事が最優先になりがちです。プロであるならば発言や行動に責任を持っているということです。※あくまでも一部の話であってすべてがそうではありません。

不動産のプロから購入する

私の持論ですが、不動産の専門家として仕事をする以上、お客様から仲介手数料として報酬を頂く以上、資格を持つのが当然だと思っています。営業マンの中には、営業として能力があるから資格が無くても関係ないという人もいます。私に言わせると、プロ意識のないアマチュアです。能力があるなら資格位取れば?と思います。そんなアマチュアの営業マンに当たったお客様が可哀想です。そんなアマチュアのせいで不動産業界全体のレベルが低いと思われるのがいい迷惑です。

車の運転が出来るからと言って無免許の人が運転する車に乗りますか?医師免許を持たない医学生に治療してもらいますか?不動産の資格を持たないアマチュア営業マンから不動産を購入しますか?

不動産は命の次に大事な財産です。ほとんどの人が人生で1番大きな買い物です。そんな大事な不動産を購入するなら、不動産のプロである宅地建物取引士の資格を持つ営業マンから購入して下さい。

良い不動産に巡り合うには、良い不動産会社、良い営業マンと巡り合うことです。安心して相談出来る、任せられるプロの営業マンを見つける事が良い不動産を購入する1番の方法です。

スポンサーリンク
サイドバー 広告336×280